住宅ローン滞納で催告書が届き、差押え、競売でお困りの方、神奈川エリア実績No.1の横浜任意売却サポートセンターにご相談ください!

横浜任意売却サポートセンタートップ

お知らせ

  • 8月の定休日: 24(水)、31(水)
  • 9月の定休日: 6(火)、7(水)、14(水)、20(火)〜22(木)、28(水)
  • 混雑している場合、繋がりにくいこともございます。時間をおいておかけ直し頂くか、お問合せフォームからお願いいたします。
任意売却をどこに依頼するかわからない?
任意売却すると決めたけどどこに相談したらよいのかよくわからないという方も多くいると思います。司法書士、弁護士、それとも任意売却専門業者にするべきなのでしょうか? このまま競売になるまで住む 不動産業者に依頼する 専門の不動産業者に依頼する 弁護士や司法書士などに依頼する 債権者からの紹介された不動産業者にする

住宅ローン破綻チェックポイント!

「任意売却」「住宅ローン滞納」「競売」「離婚」「リストラ」
キーワード検索してこのページをたどり着いてしまったあなた。もし一つでもチェックポイントに当てはまることがあればお早めにご相談ください。

任意売却24時 ブログ更新情報

借金を借金で返済していませんか!
住宅ローンを、カードキャッシングで返済するなんて良くないことだとわかっていても、自宅を手放したくない一心で利用されている方もいらっしゃいます。
でも借金を繰り返さなければマイホームを守れない状況なのであれば、ここは一旦、マイホームを手放すことも含め、お考え頂く時期かもしれません。

 住宅ローンを滞納した時の選択肢として、任意売却という方法もございますが、全ての方に任意売却をご提案する訳ではございません。リスケジュール(条件変更)、個人再生など、売却しない道もあるかもしれません。 まずは電話、メールなど、無料相談で納得出来るまでご質問ください。

住宅ローンを払えないのになんで引越し代が?

 住宅ローンを滞納して、マイホームを任意売却!  住宅ローンを全額返済できないにも関わらず、なんで引越代がもらえるのでしょうか?  最近では、100万円キャッシュバックキャンペーン!(引越し代?) 等と任意売却を勧誘するケースもあるようですが、引越代というお金がどこからでてくるのか解説していきます。

任意売却の引越し代【続き】

任意売却(任売・にんばい)とは?

 任意売却とは、言葉の通り不動産所有者(売主様・債務者)が自らの意思と債権者(抵当権者・金融機関等)の承諾により不動産をご売却することです。

 住宅ローン等の支払いを滞った場合、債権者(抵当権者・金融機関等)は抵当権の実行により競売の申立てを行ってしまいます。そうなる前に承諾を頂き、ご自宅の売却をすることができれば、市場価格に近い金額での取引となるでしょう。つまり、不動産所有者にとっては、債務を少なくすることができ、抵当権者にとっては、競売より回収率が上がるという、双方にとってメリットがあるのです。

任意売却とは【続き】

金融機関から催告書・督促状が届いた!

  金融機関から届く催告書は、住宅ローンの支払いを何ヶ月か延滞し、さらにその後ご連絡・来店依頼状・督促状などの文書が届いたにもかかわらず返済ができない方に送られてきます。この後は、債権者は競売申立等の法律上の手続きを取ることになります。 期限の利益を喪失 しますといった内容の催告書が届いている方は早めの対応が必要となります。

催告書【続き】

担保不動産競売開始決定通知書が届いた!

 担保不動産競売開始決定通知が届いているという事は、債権者と交渉する期間が限定されてしまいます。簡単ではありませんがまだ間に合うかもしれませんので早めの対応が必要となります。

競売開始決定【続き】

任意売却の費用

 横浜任意売却サポートセンターは不動産会社であり、弁護士、司法書士ではありませんので、相談費用、コンサルタント料と言った名目で料金を請求することはありません。任意売却が成立した場合、仲介手数料として(物件価格×3%+6万円)×消費税を頂きます。

 仲介手数料が支払えないとお考えの方もいらっしゃいますが、売買代金の中から配分されますので基本的に、ご相談者様の持ち出しの費用はありません。「任意売却の費用は無料です」といった内容のホームページを最近見かけますが、実際には無料ではなくて持ち出しがないといことでしょう。

※お問い合わせの際には「横浜任意売却サポートセンターを見て…」とお伝えただくと、より対応がスムーズです。

親子間売買と住宅ローン

 兄弟間、親子間、親族間での不動産売買であっても、一からお手伝いさせていただきます。親子等で直接売買でき、通常の銀行ローンが組め金利優遇まで使える場合もありますが、イレギュラーなケースが多いため一般的な例を記します。

親族間売買【続き】

売却後の残債務の支払い

 売却後の住宅ローン残債務の支払い関しては、あなたのお支払い出来る範囲での話し合いになる事が多く、当社で任意売却をされた方のケースでは、各債権者毎に3千円〜2万円が一般的な金額となります。

残債【続き】

リースバックで自宅に住み続ける

 リースバックとは、所有していた不動産を売却した後、購入した第三者より当該物件を借り受ける事。自社ビルを保有している会社が、バランスシートにおける資産圧縮等の為自社ビルを売却し、その後も引き続きその物件を借り受けて使用を続ける様なケースのことである。これは、住宅ローンを滞納して、自宅を任意売却するケースに当てはめて考えてみます。

リースバック【続き】

住宅ローンが払えなくてお困りなら横浜川崎任意売却サポートセンターへご相談下さい!
任意売却サポートセンター