住宅ローン滞納、催告書が届き、差押え、競売でお困りの方横浜任意売却サポートセンターがお力になります!

任意売却センタートップページ > 任意売却Q&A >  【連帯保証人・連帯債務者に迷惑かけたくない】

【連帯保証人・連帯債務者に迷惑かけたくない】

 連帯債務者が付いている場合の任意売却および競売で、連帯債務者への迷惑は避けては通れません。

 任意売却をしたいのだが、連帯債務者には絶対に迷惑をかけることはできないし、連帯債務者には絶対にバレたくは無いというお問い合わせが非常に多く寄せられております。しかし、はっきり言って無理です。連帯債務者に迷惑をかけずに任意売却を処理することは不可能です。

 連帯債務者とは、主たる債務者が返済を滞った時に、代わりに返済をしますという契約をされた方です。 従って、融資を行った金融機関は、貴方の代わりに連帯債務者に返済を求めることになります。

 迷惑をかけてしまうことは間違いありませんが 、最小限に抑える方法などのアドバイスも含め、任意売却を処理いたしております。競売で処理された場合、連帯債務者への迷惑の度合いは任売の比では有りません。


[PREV]任意売却Q&A一覧へ戻る[NEXT]
 住宅ローンを滞納した時の選択肢として、任意売却という方法もございますが、全てのご相談者様に任意売却をご提案する訳ではございません。  リスケジュール(条件変更)、個人再生など、貴方にとって一番最適な方法をご提案させて頂きますので、まずは電話、メールなど、無料相談で納得出来るまでご質問ください。
住宅ローン滞納、延滞、差押え、競売でお困りなら横浜任意売却サポートセンターへ
任意売却サポートセンター