住宅ローン滞納、催告書が届き、任意売却を検討されている方、横浜任意売却サポートセンターへすぐ相談!

任意売却サポートセンタートップページ > 住宅金融支援機構の任意売却 > 住宅金融支援機構任意売却の流れ

住宅金融支援機構の任意売却 流れ

住宅金融支援機構の住宅ローンの延滞
住宅ローンの滞納 延滞 任意売却の次の手続き
無料相談(ご都合の良い相談方法をお選びください)
電話・来店・スタッフがご自宅へ訪問等

 住宅金融支援機構以外の借入先、ローン残高、ローン滞納期間、連帯債務者・保証人の有無、物件の所在地(市町村名のみでも可)をお知らせ下さい。 個人情報を伏せてのお問合せでも構いませんが、お知らせいただいたほうが状況に応じた説明ができます。

任意売却の無料相談 任意売却の次の手続き
専任媒介契約の締結
(当社に販売を依頼する契約です。)

 媒介契約を締結することによって、弊社は債権者(抵当権者)と交渉することができるようになります。

媒介契約の締結 任意売却の次の手続き
住宅金融支援機構の窓口の金融機関
もしくは、回収委託会社へ連絡

「任意売却に関する申出書」「査定書」等必要書類を弊社が準備し、回収委託会社と打合せを行います。

債権者への連絡
任意売却の次の手続き
販売金額の決定

いよいよ販売スタートとなります。

販売価格の決定
任意売却の次の手続き
販売活動(分からない事があれば随時連絡下さい)

 販売方法については、マンション内にチラシを入れてほしくない。ネット広告不可等打合せの上、販売活動を行います。
 販売を始めたらすぐに引っ越さなければいけないとお考えの方も多いのですが、しばらくはお住まいのままで構いません。 ほとんどの方は、不動産売買契約から引渡しまでの約1か月の期間にお引っ越し先を決めて引っ越していただいています。

販売活動の開始
任意売却の次の手続き
不動産売買契約の締結

 購入者が見つかり、後順位の債権者にも同意が得られましたら購入者と売買契約を締結いたします。一般的にこの契約後1か月から1か月半で不動産を引渡すため、引っ越し先が見つからないと少しバタバタするかもしれません。

不動産売買契約の締結
任意売却の次の手続き
不動産のお引渡し・新生活のスタート

 購入者よりいただいた売買代金を債権者へお支払い(返済)して、不動産を引渡しいたします。 新しい生活のスタートとなります。

不動産の引渡し
任意売却・任売に係る費用
ご相談者様から出していただく(持ち出しの)費用はございません。 但し、公的書類(住民票・印鑑証明書など)の取得費用はご相談者様に捻出して頂きます。 仲介手数料、抵当権の抹消費用等に関しましては売買代金の中からお支払いします。

住宅金融支援機構の任意売却トップ

 当社は全てのご相談者様に任意売却をご提案する訳ではございません。ご相談者様一人一人の内容が違いますので、ご売却選択肢の一つとして任意売却があります。 貴方にとって一番最適な内容をご提案させて頂きますので、まずは電話、メールなど、無料相談で納得出来るまでご質問ください。
任意売却のプロである私たちを有効活用してください【横浜任意売却サポートセンター】
任意売却サポートセンター