任意売却サポートセンター

任意売却で住宅ローン滞納/競売をスッキリ解決!
任意売却サポートセンターが選ばれるワケ
  1. 電話相談、面談全て無料
  2. 持ち出しの費用ゼロ!
  3. 秘密厳守/勧誘電話一切なし
  4. 住宅ローン残債務のアフターフォロー

住宅ローン滞納の無料相談はコチラ!
0120-088020(携帯通話可能)
「モバイル横浜任意売却サポートセンター」を見て、とお伝え下さい。
無料メール相談
AM9:00〜PM7:00
水曜定休

ご予約頂ければ時間外も対応致します。
対応エリアはコチラ


任意売却の引っ越し代

債権者は、住宅ローン滞納者への措置として担保不動産を競売にかけ換価することが一般的です。 ただ、競売では市場価格より安く取引されてしまうことが多く、回収金額が少なくなってしまいます。 また、競売申立から開札まで半年以上時間がかかること、予納金が必要といったデメリットがあります。

そこで競売より任意売却のほうが高値で取引でき、回収金額が多くなるといったメリットがあるため、 売買代金を全額回収して住宅ローンの返済に回すのではなく、その一部を引越代として債務者に渡すことに同意するのです。

▲ページTOP


引越し代のもらえないケース

平成18年頃までは引越し代は、任意売却をする際ほとんど認められておりました。 物件価格にもよりますが、200万円の引越し代ということも現実にありました。 しかし、最近では住宅金融支援機構など、認めてもらえないケースが増えています。 引越し代を認めなくなった理由は、

  1. 引渡命令により立退きもスムーズ
  2. 競売の落札金額が高くなってきている
  3. 住宅ローンを払っていないので引越代くらい何とかしろ
  4. 引越代を認めたり、認めなかったりという公正さに欠く行為のため

などといくつかありますが、債権者が引越代を認めるべき合理的な理由が存在しないからです。 しかし、引越代がないと引っ越せないというご相談も多く頂きます。 はじめからその辺の話が出来れば、2000万円のマンションで「150万円引越代欲しいんだけど」などと法外な話はお断りさせて 頂きますが、購入者に立退き料の援助を協力してもらうなど引越代をお渡しできるように協力させて頂きます。

▲ページTOP


住宅ローン滞納の無料相談はコチラ!
0120-088020(携帯通話可能)
「モバイル横浜任意売却サポートセンター」を見て、とお伝え下さい。
無料メール相談
AM9:00〜PM7:00
水曜定休

ご予約頂ければ時間外も対応致します。
対応エリアはコチラ

任意売却FAQ
住宅ローンの残債務・債権譲渡
引越し代
任意売却依頼の選び方
親子間の任意売却

サイト情報
運営会社情報
個人情報保護/免責条項
友達にURLを教える
PCサイトのURLを送る
任意売却サポートセンター TOP

Copyright(C)
横浜任意売却サポートセンター
FXってなんなの?