住宅ローン滞納、催告書が届き、親子間売買、親族間売買を検討されている方、横浜任意売却サポートセンターへすぐ相談!

任意売却サポートセンタートップページ   > 任意売却会社の選び方
任意売却をどこに依頼するかわからない?
任意売却すると決めたけどどこに依頼していいのかと困っている方が多くいると思います。 そこで任意売却を依頼する方法を見てみましょう。
このまま競売になるまで住む 不動産業者に依頼する 専門の不動産業者に依頼する 弁護士や司法書士などに依頼する 債権者からの紹介された不動産業者にする
債権者からの紹介された不動産業者にする
 債権者から紹介を受ける不動産業者とは、債権者にとっては信頼できる業者なのでしょう。 役員や、社員に銀行出身の人がいる場合もあります。 しかし、債権者主体で売却活動が進むことが多いので、お手元に引越し代などお金が残る可能性が極めて低くなります。
 売却後の残債務に関しても、債権者主導の話し合いになるでしょう。
不動産業者に依頼する
 大手不動産で依頼しようか、地元の業者に依頼しようか迷いますね。 不動産の売却ですので、売買を行っている不動産業者であれば対応してくれることでしょう。
しかし、住宅ローンの残債務が売却予想金額より低ければ問題ありませんが、 売却予想金額より残債務が多い場合(売却しても住宅ローンが残る)、不足分を補わなければいけません。
 仮に売却予想金額が1000万円で残債務が2000万円だった場合、1000万円はあなたが用意しないといけません。 それが出来なければ、いわゆる任意売却をすることになってしまいますが、任意売却なんてやったことがないという営業マン、不動産会社に依頼してしまったら・・・?
 任意売却で債権者と交渉をしたことがあるのか、どれくらいの経験があるのかを確認してから進めたほうが良いかもしれませんね。
弁護士や司法書士などに依頼する
 弁護士や司法書士に依頼するというのは、最も安心できる方法ではないでしょうか。しかし、不動産の売却活動を弁護士が する事は少なく、付き合いのある不動産業者に依頼することが多いです。
 つまり自己破産、債務整理をしたい方は、自分でするか、弁護士、司法書士に相談されればよいと思います。 自己破産、債務整理までは考えていないが、住宅ローンの支払いはできないので任意売却したいという方は、ほかの選択をすることとなるでしょう。
このまま競売になるまで住む
「このまま競売になるまで住む」ですが、 これも一つの売却方法です。このケースは本当に何もしないです。新しい所有者が来るまで住んでれば良いのですから。ただし、引越代の捻出や残債務の支払額に関しては、債権者からかなり強くの支払額を要求されます。
専門の不動産業者に依頼する
「専門の不動産業者に依頼する」ですが、 専門業者といっても様々な業者がありますから、不安があると思います。ただ、@Aのケースと違い債権者に強く交渉でき、売主様の意思に沿った交渉を進める事が可能です。
しかし、下記のような事を言う業者には気をつけた方が良いかもしれません。

引越し代を100万円あげます!必ず売却出来ます!
未確定の話にもかかわらず断定的な物言いで、あなたに都合の良い話や、お金で引き付けようとする。
不動産免許を持っていない業者
不動産の売却ですから不動産免許は必要です。しかし最近は、不動産業者でなくても SEO対策を施した任意売却のホームページを作成している会社も増えています。 問い合わせをした会社は単に窓口であり、提携業者を紹介するというケースもあるようです。 提携業者の力量があれば良い結果となることでしょう。
書面等のやり取りをせず、口約束で話を進めてしまう。
高額の取引です。書面のやり取りがない業者は危険ですね。
その他、担当者と合わない・話がうますぎる・担当者がコロコロ変わるなど、 不信感があるのであれば、1社で決めるのではなく、数者に話を聞いて選ぶのも良いでしょう。
 あなたにとってどこに頼むのが一番良いのかを、総合的に考え、判断して下さい。
お客様一人一人が内容も違いますから、必ずしもどれが良いとは一概には言えません。 しかし、どこに頼むのか時間がかかってしまえば、選択肢も限られてきてしまうので、焦る必要はありませんが、 思い立った時に行動することをお勧めします。
 ご自宅を売却すると決めてしまえば、精神的に少し楽になると思います。  専門の業者に依頼したい、もしくは迷われている方、まずはご相談下さい。
住宅ローン・不動産ローンのお支払いでお困りなら【任意売却サポートセンター】へ
任意売却サポートセンター