住宅ローン滞納、催告書が届き、差押え、競売でお困りの方、横浜任意売却サポートセンターへご相談ください!

任意売却センタートップページ > 現在の状況は? >  ◎離婚した相手の連帯保証人

◎離婚した相手の連帯保証人

 家を夫名義にて4,800万円で8年程前に購入しました。その後、1年前に離婚をしましたが、元夫が消費者金融からの借金に加え、住宅ローン滞納し、自己破産寸前とのことです。 私は、連帯保証人になってしまっているようで、彼が自己破産をしても、残債務については私が支払わなければならないのでしょうか?任意売却等何か良い手立てがあるのでしょうか?

残念ながら、連帯保証人となっている以上、支払い義務はあなたにあるわけで、逃げることは出来ません。離婚しても相手が死亡しようとも、連帯保証人はなんら対抗できません。
いずれにしても、連帯保証人は借主と同じだけの責任を負うことになります。

 解決方法についてですが、このまま競売にするより任意売却のほうがメリットがありますが、任意売却をすすめるにあたり、対象物件の名義が関係してきます。

 ・夫名義 100%  妻名義 0%
の場合、夫1人分の同意があれば任意売却は可能ですが、

 ・夫名義 50%  妻名義 50%
のように、共有持分がある場合、1%でも入っているのであれば、2人分の任意売却に対する同意が必要となってきます。

ご夫婦の関係によって様々なローン契約形態にされていらっしゃると思いますが、基本的に任意売却をされる場合は物件の所有名義の意志が必要になります。既に離婚されていらっしゃる場合は、ご連絡が大変ではあると思いますが、ご連絡ができる状況なのであれば、競売よりも任意売却をオススメいたします。


[PREV] ご自分の状況は?一覧へ [NEXT]
 住宅ローンを滞納した時の選択肢として、任意売却という方法もございますが、全てのご相談者様に任意売却をご提案する訳ではございません。  リスケジュール(条件変更)、個人再生など、貴方にとって一番最適な方法をご提案させて頂きますので、まずは電話、メールなど、無料相談で納得出来るまでご質問ください。
住宅ローン・不動産ローンのお支払いでお困りなら横浜任意売却サポートセンターへ
任意売却サポートセンター