横浜任意売却サポートセンター 10分でわかるはじめての任意売却

横浜任意売却サポートセンター スマホ

住宅ローン延滞、競売の相談

10分でわかる任意売却

初心者こちらのページは任意売却とはどのようなものなのか?はじめての方でもわかりやすく簡潔にまとめています。 1時間目から4時間目までご覧いただくことで、任意売却とはどのようなものかご理解いただけると思います。

1時間目 任意売却って

抵当権が設定されている不動産を売る場合、債権者(=銀行・抵当権者・金融機関)に抵当権を消してもらわなければいけません。 住宅ローンを完済すればいつでも消してくれるのですが、マイホームを売ってもローンを完済することができなければ、債権者は、抵当権の抹消に同意しません。

 借金付きの不動産を買う人なんていませんよね。このままだと売却することはできないのです。 毎月のローンが支払えないからやむを得ず、マイホームを手放そうと決心しても、それさえ許されないのです

「払えない」「売れない」状況が続けば債権者も黙っていません。抵当権の実行により裁判所に競売の申し立てをして、焦げ付いた債権を回収しようとします。

 競売手続で、費用と時間をかけて競売の申し立てをしても、入札が少なく安値で落札されてしまうことも数多くあります。 そこで競売手続きよりメリットがある方法として、利害関係人(債務者・債権者・購入者)の納得のいく価格で売買を成立させる手続きを、任意売却というのです。

もう少し詳しく知りたい方は、
任意売却とは【続き】

2時間目 任意売却の流れ

住宅ローンの支払いに悩む

住宅ローン滞納延滞
任意売却の次

無料相談(電話・来店・スタッフがご自宅へ訪問等ご都合の良い相談方法をお選びください)

お借入先、ローン残高、ローン滞納期間、連帯債務者・保証人の有無、物件の所在地(市町村名のみでも可)をお知らせ下さい。 個人情報を伏せてのお問合せでも構いませんが、お知らせいただいたほうが状況に応じた説明ができます。

任意売却 相談
任意売却の次

専任媒介契約の締結(当社に販売を依頼する契約です。)

媒介契約を締結することによって、弊社は債権者(抵当権者)と交渉することができるようになります。

媒介契約の締結
任意売却の次

債権者(抵当権者・金融機関等)への連絡・承諾

「媒介契約書」「査定書」等必要書類を弊社が準備し、債権者と打合せを行います。

債権者へ連絡
任意売却の次

販売金額の決定

販売価格決定
任意売却の次

販売活動(分からない事があれば随時連絡下さい)

 販売方法については、同一マンション内にチラシを入れてほしくない。ネット広告不可等打合せの上、販売活動を行います。
 販売を始めたらすぐに引っ越さなければいけないとお考えの方も多いのですが、しばらくはお住まいのままで構いません。 ほとんどの方は、不動産売買契約から引渡しまでの約1か月の間にお引っ越し先を決めて引っ越していただいています。

販売活動の開始
任意売却の次

不動産売買契約の締結

 購入者が見つかり、後順位の債権者にも同意が得られましたら購入者と売買契約を締結いたします。一般的にこの契約後1か月から1か月半で不動産を引渡すため、引っ越し先が見つからないと少しバタバタするかもしれません。

不動産売買契約の締結
任意売却の次

不動産のお引渡し・新生活のスタート

 購入者よりいただいた売買代金を債権者へお支払い(返済)して、不動産を引渡しいたします。 新しい生活のスタートとなります。

不動産の引渡し

一般的な流れとなりますので、順番が前後することもございます。おおまかにですが理解された方は3時間目へ。

【補足】 任意売却の費用
初期費用、相談費用は無料で、任意売却が成立した際に、成功報酬として仲介手数料(物件価格×3%+6万円)×消費税を頂きます。 仲介手数料が支払えないとお考えの方もいらっしゃいますが、売買代金の中から配分されますので、ご相談者様の持ち出しの費用はありません

詳しくは、→任意売却の費用【続き】

お問い合わせ

次ページ

→ 3時間目(引越し代がもらえる?)、4時間目(売却後の残債務)

▲ページトップに戻る