横浜任意売却サポートセンター 住宅ローンを払えない

横浜任意売却サポートセンター スマホ

住宅ローン延滞、競売の相談

住宅ローンを払えない!

住宅ローンが払えなくて、住宅ローンの支払いを延滞してしまうとどのようになっていくのかを解説していきます。

初期

貯金も底をつき住宅ローンを延滞してしまうと、催促の電話や、「返済のお願い」という督促状が届きます。

中期(2~5か月延滞)

信用情報機関に延滞情報が記録されてしまいますので、新たな借入は困難です。「催告書」といったが返済を促す書面が届きますが、数十万円のまとまった金額が必要となります。

末期(6か月以上延滞)

滞納している分をまとめて払うからと金融機関に相談しても残念ながら相手にしてもらえません。競売手続が進められていきます。

住宅ローンの契約をした際、「保証会社の保証」を利用されていれば、万が一、債務者が返済不能(6か月滞納の場合が多い)となった場合には、あなたの住宅ローン残債務は保証会社へ移ります。保証会社は、分割ではなく一括での請求をしてきます。

保証会社ではなく、債権回収会社(サービサー)が回収窓口になることもありますので、前述の「保証会社」については、「債権回収会社(サービサー)」と読み替えて頂くケースもございます。

これ以降

これ以降の選択肢は、大きく以下の2つ分けられます。

マイホームを競売にかけられて処分

マイホームを任意売却する

どうせマイホームを手放さなければいけないのであれば、任意売却を選択することをお勧めしますが、それぞれのメリットデメリット等もご確認下さい。

 ↓↓↓ 10分でわかる任意売却はこちら
かんたん任意売却

お問い合わせ

▲ページトップに戻る