横浜任意売却無料相談センター よこにゃん

TEL:0120-088-020(8~19時)水定休

リースバックとは

 リースバック(Sell and Lease Back)とは、不動産を投資家等の第三者に売却して、 利用者(もとの所有者)がその不動産をそのまま使用し続けることを言います。 老後資金確保、住宅ローンの支払いが困難といった理由で、このリースバックサービスを利用したいという問い合わせが急増しています。

 赤枠点線内は、住宅ローンが残っており任意売却する場合のリースバックの相関図です。 まずは、現状をお伝えいただき、希望の条件をお知らせください。

リースバックを利用するケース

ケース1 住宅ローンの支払いが困難(任意売却プラン)
 マイホームは第三者に売却してしまいますが、賃貸契約を結び、お引越しすることなくそのまま住み続けることが出来ます。
ケース2 老後資金を確保したい(資金確保プラン)
 引越ししないで手元資金を増やすことが出来ますので、生活を豊かにすることが出来ます。 また、将来、老人ホーム入居する準備としてもご利用頂いております。

リースバック利用者のメリット・デメリット

メリット
・引越し不要でそのまま住み続けられる
・引越し不要で現金を確保できる(資金確保プラン)
・学区が変らない
・近所に売却を知られない
・将来買戻しも可能(買戻し特約付き契約の場合)
デメリット
・賃料がかかる
・売却価格は相場より安くなる
・買戻しの価格は売却価格より高くなる

リバースモーゲージとの違い

 リバースモーゲージは所有している不動産を担保にして、年金型もしくは一時金という形で、融資を受けるサービスです。 融資金は利用者が死亡、転居によって契約終了すると担保不動産を売却して返済されます。

 リバースモーゲージも老後資金確保手段のひとつであり、住宅の所有権が利用者にあるという点が、所有権が他者に移るリースバックと大きく異なります。 なお、リバースモーゲージには年齢、収入、用途等の制限、保証人が必要等とリースバックより審査が厳しく手続きは難しくなります。

Q&A

買戻しをするにはどうしたらよいか?
 買戻し特約付(3年以内は転売しない等)の契約にするとスムーズです。しかし投資家にとっては資産を転売できずマイナス要素となるため、 販売価格は低くなる傾向にあります。
リースバックの賃貸契約は、どのような契約ですか?
定期借家契約で、契約期間の延長は再契約となります。普通賃貸借契約をご希望の場合、はじめにお知らせください。
リースバック後に引っ越しは可能ですか?
可能です。1か月以上前に解約手続きを行い、お引越しをしてください。

リースバックの利用例

投資家に不動産を購入してもらい借りる

投資家に1,500万円で不動産を売却
投資家と元の所有者で賃貸契約
家賃15万円(表面利回り12%)※ 
※ 数字は目安です。賃料設定はエリア、築年数等により変わります。

親族(知人)に不動産を購入してもらって借りる

 親族に自宅を任意売却で購入してもらい、賃貸借契約を結び住み続けるという方法です。 買戻し特約についても、親族であれば柔軟に対応していただけるのではありませんか!

資金確保プラン

投資家に2,000万円で不動産を売却
投資家と元の所有者で賃貸契約
現金2,000万円確保 家賃20万円(表面利回り12%)※ 
※ 数字は目安です。賃料設定はエリア、築年数等により変わります。

担当者より一言

 任意売却プランリースバックすることは簡単ではありません

 限られた時間の中で、投資家を探さなければいけないため不成立のリスクもございます。 デッドラインを決めてスケジュールをご説明しますので、任意売却プランでリースバックを検討の方はお早めに相談ください。

(資金確保プランなら、あせる必要はありません。条件面でご納得いただけるまで一緒に考えましょう。)

 住宅ローンを滞納した時の選択肢として、任意売却という方法もございますが、 全てのご相談者様に任意売却をご提案する訳ではございません。
 リスケジュール(条件変更)、個人再生など、あなたにとって最適な方法を提案させて頂きますので、まずは電話、メールなど、無料相談で納得出来るまでご質問ください。
住宅ローン・不動産ローンのお支払いでお困りなら【横浜任意売却無料相談センター】へ

※お問い合わせの際には「横浜任意売却無料相談センターを見て…」とお伝えただくと、より対応がスムーズです。

すぐわかる任意売却 住宅金融支援機構の任意売却 リースバックで住み続ける 親子間売買で自宅を残す

外部リンク

任意売却無料相談ホットライン