住宅ローン滞納、催告書が届き、親子間売買、親族間売買を検討されている方、横浜任意売却サポートセンターへすぐ相談!

任意売却サポートセンタートップページ > 親子間売買について

親子間売買とは?親族間売買とは?

 兄弟間、親子間、親族間での不動産売買であっても、一からお手伝いさせていただきます。親子等で直接売買でき、通常の銀行ローンが組め金利優遇まで使える場合もありますが、イレギュラーなケースが多いため、詳細は個別にご相談下さい。

 以下、一般的なお話となりますが、親子間売買は通常の売買より費用が余分にかかります。 親子間での不動産取引で銀行ローンが組めるケースでは、費用が嵩むことはありませんが、ノンバンク等でなければ住宅ローンを組めないこともあります。また、第三者に所有権移転する場合であれば、所有権移転費用、抹消登記費用が2回かかる。さらに、短期譲渡所得となるため、所得税、住民税で39パーセントかかるので、それを踏まえた報酬が必要となります。

 他にも割高になってしまう要因はありますが、住宅ローンを延滞している状況においては、親族やご家族が格安でご自宅(不動産)を買い戻すことはムリだということです。  過去に実勢価格3,000万円(住宅ローン残高4,000万円)の物件を、第三者に任意売却で所有権移転後、ご子息様が2,800万円で買戻し出来たというようなケースもありますが、実際にそのご子息様は3,500万円までは覚悟していました。結果として、安く済んだというだけで、ほとんどのケースでは、割高になります。それでも、何とかご自宅(ご実家)を買戻したいという方はお問合せください。

リースバックで自宅を残す

  • 任意売却は、貴方の決断・ご家族のご理解結束が必要
  • 引越しはいつできるのか?
  • 保証人、連帯保証人にご相談してますか?
  • 住宅ローン以外にキャッシング等、借入れはありませんか?
  • 住宅ローンの残債務はどうするのか?
 住宅ローンを滞納した時の選択肢として、任意売却という方法もございますが、 全てのご相談者様に任意売却をご提案する訳ではございません。
 リスケジュール(条件変更)、個人再生など、貴方にとって一番最適な方法をご提案させて頂きますので、まずは電話、メールなど、無料相談で納得出来るまでご質問ください。
住宅ローン滞納でお困りなら横浜川崎任意売却サポートセンターへご相談下さい!

※お問い合わせの際には「横浜任意売却サポートセンターを見て…」とお伝えただくと、より対応がスムーズです。

任意売却サポートセンター